ロゴ

名刺作成などをおこなう際には著作権に注意しなくてはいけない

HOME>info>同人誌や名刺作成をおこなって同人活動を楽しむ

同人誌や名刺作成をおこなって同人活動を楽しむ

広告

同人活動にはどういった事をすればいいか

趣味で漫画を描いていたりすると、それを友達と交換して楽しんだりすることがあります。そんな中でも多くの人に見てもらいたいと、イベントなどで販売することを同人活動と呼び、その際に販売される書籍を同人誌と呼びます。また、名刺作成やキーホルダー、卓上カレンダーなどのアイテムも販売することで、多くの人に自分の作品を知ってもらうことができます。

同人活動で売り出すアイテム

  • 同人誌
  • イラスト入り名刺
  • イラスト入り卓上カレンダー
  • ポスター
  • キーホルダー
  • ポストカード
  • ラミネートカード
  • シール

著作権などには注意が必要

同人誌を作成する多くの人が趣味の範囲内でおこなっていることが多いです。しかし、注意しなくてはいけないのが、趣味でも販売している時点で、著作権を侵害してはいけないということになります。また、印刷会社でも著作権に関しての注意が強くなってきていることから、著作権元をそのまま使ってしまうと断られることがあります。

同人誌を作る流れ

印刷

印刷所を選ぶ

印刷を依頼する印刷所は数多くあります。その中でも料金に差があったり、多くの同人誌を作成しているなどの実績を見ながら探してみるといいかもしれません。

見積もりを出す

印刷所が決まったら必要部数を伝えて、見積もりを出してもらいましょう。最初の見積もりを見ながら紙質の変更や、頁数の変更、カラーの枚数などを決めることができます。

原稿データを入稿

部数などの細かな内容が決まれば、原稿データを印刷所へ渡します。この時に製本が完成している時期を逆算して原稿データを作成しなくてはいけないため、注意が必要になります。

料金の支払い

原稿データを印刷所へ渡したら、修正点がないかを確認してもらいます。問題がないと判断されれば料金の支払いをおこないます。業者によって支払い方法が異なるため、事前に調べておくといいかもれません。

商品を納品

支払いまで完了すれば、あとは製本が完了するのを待つだけになります。また、納品先は事前に伝えておくことで、自宅だけでなく直接イベント会場へ発送してもらうこともできます。